スポンサーリンク

IT業界/就職に有利で履歴書にも書ける国家資格(ITパスポート)

資格
ご質問
ご質問

文系出身でIT業界や技術的なことはまったくの初心者です。IT業界を目指すための基礎知識習得や、就活時に有利な資格(初級編)/勉強法などはありますか?ぜひ教えて下さい。

カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

IT業界にて人気がある資格は2パターンあります。(1. 国家資格、2. ベンダー資格) 今回は個人でも習得が容易であり、IT業界へ就職する前の初級資格として人気が高い、”ITパスポート試験”を取得するメリットなどについてご紹介させて頂きます。

本日の結論

初級資格として、「ITパスポート試験」にチャレンジする人が増えています
・IT業界全般に関する基礎知識の習得が可能
・情報処理技術者試験(初級)/国家試験のため、一生有効な資格
・次の上位資格取得に向けた足掛かりになります

ITパスポート試験が注目される理由

【ITパスポート】試験の概要、メリット、合格率
【国家資格】ITパスポート 受験メリット・取得方法

IT業界は常に人材不足が発生しており、若手の人材育成は急務な状況です。また、最近では新人研修の一環として、IT全般に関するリテラシー教育の必要性も問われており、その第一歩として国家試験の取得推奨、ならびにIT業界全般に関する知識習得が推進されております。

ITパスポート試験は、「ストラテジ系(経営全般)」、「マネジメント系 (IT管理)」、「テクノロジ系(IT技術)」に関する知識を問う試験であり、また、本試験は情報処理技術者試験(国家試験)の1つとして、同試験群の中では最も取得しやすい資格です。本資格を保持することにより、「ITを活用する社会人としてのスキルを有する」ことを証明することが可能であり、就活をひかえる学生や、IT業界 未経験(転職希望)の方に特に人気のある資格です。

ITパスポート試験を取得するメリット/取得方法

すべての社会人が備えておくべき、IT基礎知識を証明することができます。また、未経験で業界に入る際にその意欲を具体的な形でアピールしたい場合にも有効な手段となります。(詳細は以下の通り)

  • IT全般に関する基礎知識を学べる
  • 法律、経営、財務の基礎知識が学べる
  • 上位資格受験の足掛かりになり
  • 就活の際に資格として記載ができる

など、たくさんのメリットがございます。また、本資格を取得するための平均勉強時間は 約180時間程度であり、平均として3ヶ月以内で取得が可能な資格となります。参考書、オンラインコンテンツなども充実しているため、独学でのチャレンジがしやすく、高額なスクールなどに通う必要もございません。

本日のおすすめ書籍

まとめ

ITパスポート試験は、「これからIT業界で働きたい方々が基礎知識を習得するために最適な資格」となります。将来、IT業界に就職すると何かしらの専門領域(例:ネットワーク、クラウド、セキュリティ、データーベース、システム開発など)を担当することになります。専門性に特化した資格としてベンダー資格というものがありますが、この資格は難易度も上がり、受験費用も高いため、個人努力ではハードルが高くなります。ただ、資格取得後、IT業界で働くプロレベルを証明する重要な指針となることもあり、人気の高い資格になります。(こちらの詳細は次回ブログにてご紹介させていただきます)

本日のおさらい

IT全般の基礎知識を学ぶ上で、”ITパスポート試験“の取得は有益である
就職/転職の際に役立つ、国家資格となります
独学でも十分取得できる資格です

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。

資格
スポンサーリンク
♡(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)***シェアをお願い致します***(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)♡