スポンサーリンク

注目資格 G検定にチャレンジしよう!【AI(基礎学習)の登竜門】

資格
カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

本日の記事は、モチベUPシリーズということで、IT業界で活躍するための重要トピック・注目キーワードを中心にカモフラ(管理人)が皆様へ共有したい「ワンポイント・アドバイス」をご紹介していこうと思います。

AI(ディープラーニング)が将来の仕事の幅を広げてくれる!

最近はAI/ディープラーニングという言葉をよく聞くかと思いますが、皆さんはどんなイメージを持っていますか?「なんか難しそう、一部の天才が学ぶ学問、人間の仕事がなくなる」など、とても難しそうなイメージを持つ方が大半なのでは無いでしょうか?(実際にはこんな感じです=字幕オン/日本語翻訳でご覧ください)

Deep Learning In 5 Minutes | What Is Deep Learning? | Deep Learning Explained Simply | Simplilearn

専門用語が多く、ちょっと難しいと感じてしまった方も多いとお思いますが、Deep Learningが進化していくと私達の生活は豊かに変わっていくと予想され、特に以下の領域で技術革新がもたらされると期待されています。

  • カスタマーサポート(チャットボットや音声でのナレッジ活用)
  • メディカルケア(画像分析・解析)
  • 自動運転など(人間のアシスト)
  • 来客などの統計分析・未来予測

IT業界で働く我々は、AI技術を活用しながら、新しい技術革新にチャレンジする必要がございます。そのためにも、G検定(ディープラーニング)はまさにそのギャップを埋めてくれる第一歩の学問です。

G検定(ディープラーニング)はどんな試験なのか?

G検定とは、今流行のAI(人工知能)に関する基礎知識を学習するための検定試験であり、試験の学習を通して、AIやディープラーニングの基礎知識を学ぶ事が可能です。(詳細は以下の通り)

  • 受験資格:制限なし(オンライン実施/自宅受験可能)
  • 試験時間:120分(多肢選択式・220問程度)
  • 受験費用 :一般 13,200円 / 学生 5,500円(税込)
  • 再受験の方:半額(一般:6,600円、学生:2,750円)で受験可
  • 約4ヶ月周期でテスト開催

出題範囲(シラバス)と試験難易度(★3 – 5段階評価)

  • 人工知能(AI)とは(人工知能の定義)
  • 人工知能をめぐる動向
  • 人工知能分野の問題
  • 機械学習の具体的手法
  • ディープラーニングの概要
  • ディープラーニングの手法
  • ディープラーニングの社会実装に向けて

AI/ディープラーニングを活用した今後のキャリアパス

G検定取得後、どのようなキャリアパスを計画する方が増えているのでしょうか?多くの方がイメージする形は「データサイエンティストや機械学習エンジニア」だと思いますが、残念ながらG検定はAI/ディープラーニングの知識を深めるための学問のため、いきなり最先端領域への転職が可能というわけではございません。

・データサイエンティスト ->合わせて統計検定などにチャレンジする方が増えている
・機械学習エンジニア -> Python/AIプログラミングにチャレンジする方が増えている

本試験ですが、まだまだ知名度こそ高くないですが、受験者は毎年 右肩上がりで増えており、資格取得者の需要も多様化していくと予想されます。AI活用したエンジニアになるためのエントリー試験として今後も期待される資格の1つであることは間違いありません。

本日のおすすめ書籍

まとめ

今回は、G検定/ディープラーニングをご紹介させていただきました。この資格も比較的新しい試験となりますが、近年、社会人・学生にとても人気が高い資格です。これからAI領域で新しいキャリアをスタートさせたい方は、初期の勉強コンテンツとして「G検定/ディーブラーニング」は今後も注目度が高い資格となりますので、ぜひ挑戦してみるのはいかがでしょうか?

本日のおさらい

G検定はAI(ディープラーニング)領域にキャリアパスを広げるベース知識
資格取得後、データサイエンティスト・AIプログラミングへキャリアアップが増えている
G検定で学んだAI知識は「普段の仕事に活かすことができた」という声が多数

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。

資格
スポンサーリンク
♡(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)***シェアをお願い致します***(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)♡