スポンサーリンク

「2021年最新版 – Google アドセンスに合格した注意点/体験談を共有します」

コーヒーブレイク
カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

本日の記事は、コーヒーブレイクということで、カモフラ(管理人)が皆様へ共有したい「ささやかな豆知識」について、徒然なるままにご紹介していこうと思います。

ブログ開設後 約1ヶ月で合格(申請2回目)

【最新版】もう落ちない!ブログのアドセンス審査を99%突破する方法
【Google AdSense合格の基準】グーグルアドセンス審査落ちた、、独自性のあるコンテンツって何?※独自性のあるコンテンツの本当の意味をひろゆきが語ります。【ひろゆき切り抜き】

ブログ開始後、約1ヶ月かかりましたが、無事に「Google アドセンスの申請」がパスできました。申請に関する注意事項はほぼ、ヒトデさんが動画で解説してくれている通りになるのですが、合格で最も重要だなと感じたのは、「ブログ記事の本数と内容のオリジナリティ」だと思います。(以下、簡単ですが、1回目の申請で失敗した例を記載させて頂きます)

  • ブログ記事 7本で申請を実施
  • 記事のワード数は平均1,500程度
  • 就活、転職の特化記事だったのでキーワードが他のサイトと類似傾向
  • 記事内容にオリジナリティがなかった(個人の体験談など)

申請前に必要なノウハウはヒトデさんの解説通り、全てパスしておりましたが、どちらかというと、Googleからの指摘事項は記事の本数とクオリティ(オリジナリティ)でした。ただ、無機質なGoogleからのメールを何度読み返しても、「では何を改善すれば合格なのか?」は噂通りよくわからない感じです。

こんな事に注意しました!(投稿記事の内容が重要です)

2021年5月現在の情報となりますが、1回目の申請でGoogleから指摘された事項を振り返ってみると以下のような差分があるのかな?と感じております。

  • 申請後、合否メールは約2週間程かかる(コロナの影響???)
  • 記事本数はGoogleへ申請日 or メール回答日のどちらで判断かよくわからない
  • 既に世の中にある似たような記事は申請には含めないほうがよい

それを踏まえて記事の内容を以下の通り修正し、再申請を行いました。

  • 投稿記事は15本完成後に2回目の申請を実施
  • 記事のワード数は平均して1,500文字以上とした
  • 記事は全て自己体験談(オリジナル)をベースに課題解決型の内容とした
  • アフェリエイトリンクは全て外した(根拠は不明)

上記申請後、約2週間の審査期間を得て、無事合格と言う運びになりました。口コミサイトなどによると、「Googleから返答が遅いと、不合格」という噂もありましたが、私は無事合格したので、この情報はデマと考えます。また、Google申請中に記事を投稿し続けることは重要か?という口コミもありましたが、私はこの2週間の中で記事を7本アップしました。ただ、この記事をGoogleが審査対象としているのか?が結構微妙であると感じたので、できれば、完全オリジナルの記事が15本できたタイミングでGoogleへ申請するのが一番良いのかな?が私の所感になります。

本日のおすすめ書籍

まとめ

今回は「Google アドセンス 合格記」についてご紹介させて頂きました。本件を振り返ると「頑張って記事を書いたのに、1回目の不合格メールを受信したときは、相当なショック」でした。(無機質なGoogleからのメールが本当に悲しいです!) Google アドセンスの収益はアフェリエイトと比較すると微々たるものですが、それでも1円でも広告収入が入るというのはなんとも言えない貴重な体験をしたのかな?と思っています。この斬新な気持ちを忘れず、継続してよい記事を書き続けて皆さんに認められるブロガーになれればと存じます。(今後とも宜しくお願い致します)

本日のおさらい

Google アドセンスはきちんと申請すれば誰でもパスできる(投稿記事に注意)
コロナ禍の影響か? 最近は申請後 約2週間程、合否結判定がかかる
口コミ通り、申請が完了するまではアフェリエイトリンクは無いほうがよいかも

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。