スポンサーリンク

年収1,000万以上の求人へ転職【どうやって?】

就職/転職
ご質問
ご質問

年収1,000万以上、稼げる仕事に転職したいと考えています。転職サイト経由で有名企業/高年収へエントリーする方法もありますが、業界で活躍されている方のやり方(裏技含む)について教えて下さい。

カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

有名企業/高年収のポジションは一般的に市場(大手転職サイト)にはオープンとなっていないことが多く、とても閉鎖的な空間で行っております。ではどんな人が対象で、誰とコンタクトするとそのような求人と巡り合うことができるのか?について今回は転職/IT業界/年収1,000万以上をテーマにご紹介させて頂きます。

本日の結論

有名企業/高年収のポジションのほとんどは”リファラル採用“が中心となります。
・ヘッドハンターとのパスはLinkedInへキャリア登録がおすすめ
・外資系企業からの紹介が多いため、ぜひ英語でキャリア登録を行いましょう
・LinkedIn経由で企業への直接申込みで仕事を入手する人が実は多い

海外ではあたりまえ、SNS転職/リファラル採用

【90%以上がコレ】LinkedInで外資転職を決めろ【外資営業転職】
【完全版】LinkedIn(リンクトイン)を徹底解説【使い方/転職/仕事】

「リファラル採用」とは具体的にどういったものでしょうか? 簡単にご説明すると「現職社員のつながりから、条件にマッチした方を紹介してもらい、採用する方法」のことです。LinkedInはメンバー間の交流とリファラルを積極的に活用できるコミュニティの場になっています。

LinkedInに登録された内容/経歴はこれまでのあなたのキャリア・ポジション等になりますので、この内容をベースにヘッドハンターや過去の同僚があなたへコンタクトしてきます。また、LinkedInに登録するコツはビジネス交流の場として割り切ることです。というのも、ほとんどの方がビジネス上のつながりを期待しており、Facebookのような雑多で気軽な交流は皆さん、あまり望んでいません。

また、「年収1,000万を超えるポジション」を狙う方はぜひ、英語での登録がおすすめします。ヘッドハンターの多くは日本在住の外国人が多く、彼らの得意範囲は外資系企業を中心としたオープンポジション(レア、エグゼクティブなどの求人)になります。

LinkedIn経由のリファラル採用がおすすめ

LinkedInを使う魅力は、「あなたのコレまでのキャリアと現在の市場価値がどのくらいあるのか?」を客観的に把握する事が可能です。LinkedInでは本人から”求職のサイン“を出すことができるのですが、その内容に対して、ヘッドハンターがどのような反応をするかにより、あなたが求めてる仕事(ポジション)の多さ、あなたの市場価値などがある程度把握できます。私も過去に何度か利用したことがありますが、その際には、 GAFAMの2社から求人紹介、ヘッドハンターからセキュリティ系のオープンポジションを多数頂きました。(日本の大手転職サイトではまず出てこないレアな求人ばかりでした)

海外(外国人)ヘッドハンターとの交渉のコツ

海外(外国人)のヘッドハンターはお金に対してとてもシビアです。そのため、あなたが希望する転職条件(年収・待遇など)を初対面でもストレートに聞いてきます。というのも、ヘッドハンターの報酬は求職者の年収に対してロイヤリティ(30%ぐらい???)をいただく仕組みになっており、その内容如何に応じて彼らの報酬もかわってくるため、皆さん、とても真剣です。また、条件が合わない際には、素直にお断りして問題ないので、「定期的に優良案件をご紹介してください」と依頼しておけば、今後も継続的に連絡をいただけるので、転職のコネクションを作る上でもとても効率的です。

本日のおすすめ書籍

まとめ

今回は、「LinkedIn/リファラル採用」についてご紹介させていただきました。年収1,000万以上での転職を希望される方は、概ね優秀なので、今回の手法が一番良いと感じていますが、記事内容がちょっとハードル高いと感じてしまった方は、無理に上を目指さず、日本企業でジックリ仕事を進めていただいたほうが良いと考えます。

アメリカでは、転職することが当たり前であり、自分自身の価値を高める事=キャリアプランの構築は当たり前の事で、その表現の場としてLinkedInが活用されています。日本ではSNS(ビジネス)経由の転職に抵抗感がある方も多いですが、希少性が高く、魅力的なポジションの多くは優秀なヘッドハンター or リファラル経由が多く、パスのある・なしで大きく変わってしまいます。また、そのような良いスパイラルの中に入れると、高収入/優良企業への転職にて有利なサイクルが出来上がっていきます。

本日のおさらい

まずはLinkedInへ登録、リファラル・ヘッドハンター経由の2パターンが狙い目 。
高年収を狙うのであれば外資系がおすすめ(英語が少々できるのが前提)。
LinkedIn経由で直接企業へ申し込むというのも結構多いです。

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。

就職/転職
スポンサーリンク
♡(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)***シェアをお願い致します***(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)♡