スポンサーリンク

Good-Bye(ブラック企業)/退職代行サービス【最新解説】

就職/転職
カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

「ブラック企業を即日で辞めたい」、「パワハラ上司へ退職の意志を伝えたい」など近年では退職に関するトラブルが多発しています。そんな複雑な情況を解決するサービスの1つに「退職代行サービス」が注目されていますが、一体どのようなサービスなのでしょうか。今回はそんな「退職代行サービス」を利用する場合の最新トレンドや注意点についてご紹介致します。

本日の結論

退職する権利は法律で定められており、会社側に意思を伝えれば辞める事が可能
・退職代行は大きく3つのパターンが存在(代行業者型、労働組合型、弁護士)
残業代の未払い交渉、損害賠償対応などは弁護士のみ対応可
・退職の意思表示のみを代理で行う代理業者型のサービスを使う方が多い

退職代行サービスとは?

ブラック企業を本日で辞めたい」、「パワハラ上司へ退職の意志が伝えられない」など、近年では退職にまつわるお悩みは尽きることがないテーマとなっております。そこで最近注目されている「退職代行サービス=あなたの代わりに、退職の意思を会社に伝えてくれる」というものを利用する方が増えているのですが、法律の観点で考えた場合、代行サービスとはどのようなものなのでしょうか?(弁護士の先生のご意見も踏まえて、まずはこちらの動画をご覧ください)

【退職代行 弁護士】退職代行で辞める奴はクズって言われました。でも怖くて自分で言えないんです。そんな僕はクズですか?!

いかがだったでしょうか? 「法律上、退職の意思を伝えてから2週間あれば退職は可能であり、特別に会社側の許可は必要ない」と仰っておりますね。また動画の最後に「退職代行を使って辞める人をクズという会社は無理して居続ける必要なし」と言い切ってくれる結論も心強いですね。

利用する前に注意したいポイント

■ポイント1(円満退社の可否)
→ 退職代行サービスを使う=円満退社が出来ない人がこのサービスを使うべきです

■ポイント2(退職代行のタイプ)
・代行業者(退職の代理対応のみ)
・労働組合(残業代の未払い交渉など)
・弁護士(残業代の未払い交渉、損害賠償対応など)

■ポイント3(費用感)
→ サービス料金(相場)は 3~5万円です(極端に金額が低い場合、要注意!)

■ポイント4(退職サービスの流れ)
1. 退職代行サービスに申し込む
2. チャット/電話で必要事項を伝える
3. 料金を払う
4. 代行業者が会社側と交渉
5. 退職完了

※ポイント1〜4をベースにお好みのプランに沿ったサービスを選ぶ必要あり
※大手/退職代行サービスを利用するのがおすすめです

退職代行サービスのメリデメ

■メリット
 ・ストレスなく即日で辞められる
 ・面倒な手続きも郵送で行える
 ・引き止めの煩わしさもない
■デメリット
 ・会社から非常識、マナーがないと思われる
 ・後ろめたさが残る
 ・同業界への転職にバレる可能性がある

などになりますが、有益な情報がTwitter上にもたくさんアップされていますので、
ぜひご参考にしていただけますと幸いです。

本日のおすすめ書籍

まとめ

今回は「Good-Bye(ブラック企業)/退職代行サービス【最新トレンド解説】」というテーマで「退職代行サービスはとても有益」について解説させていただきました。「退職代行を使うやつはクズだ、モラルが欠ける」と罵る経営者もいますが、そもそも論として、労働者は会社を辞める権利が法律で守られていますので、会社都合で辞められないという理屈が法律の観点から見るとおかしい情況です。そのため退職代行を使わないと会社がやめれないほどに追い込まれている方はドンドンこのサービスをご利用して頂き、新しい人生を早くスタートさせていただくのがよろしいかと存じます。本日はそんな「退職代行サービスの活用方法」についてご理解が深まりましたら幸いです。

本日のおさらい

退職は法律で定められている労働者の権利です、臆することなく行使しましょう
「退職代行サービス」を活用してすっきり会社を辞めることは可能
残業未払い交渉や損害倍書などがある場合は弁護士に相談しましょう

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。

就職/転職
スポンサーリンク
♡(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)***シェアをお願い致します***(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)♡