スポンサーリンク

年収500万を超えたいなら”CCNPはインフラエンジニア/MUSTな資格”というお話

資格
カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

本日の記事は、モチベUPシリーズということで、IT業界で活躍するための重要トピック・注目キーワードを中心にカモフラ(管理人)が皆様へ共有したい「ワンポイント・アドバイス」をご紹介していこうと思います。

CCNP取得は脱初心者の登竜門(誰もが通る道 by NWエンジニア)

ネットワークスペシャリストとCCNPはどっちを取るべき
What is CCNP Enterprise Certification | What is 350-401 ENCOR?

インフラエンジニア(特にネットワーク)の中級試験として、Cisco CCNP試験はとても人気がある資格の1つです。以前までは「チート問題集を解くだけで経験値や知識がなくても楽に取得できる資格」と言われた時代もありましたが、2020年のプログラム改変に伴い、難易度が大幅にアップデートされています。また、現在は日本語公式の参考書も不足していることから、どのように勉強すれば良いのか?悩んでいる方も多いのではないでしょうか?(本記事ではそんなCCNP取得を目指すエンジニア向けに「イケてるCCNP保持者」になるためのガイドラインを共有できたらと思います)

CCNP Enterprise 認定を取得するには、「コア試験とコンセントレーション試験(選択式)」の2つの試験に合格する必要があります。(学習方法の王道 : イケてるエンジニアの勉強方法は以下の通り)

1. Cisco書籍/CCOサイトをベースに猛勉強する
2. Udemy/ハンズオン型学習で知識を定着させる

3. 問題集などで傾向分析/総仕上げを行う
4. 本番試験に望む

特に2.のハンズオン型学習を増やすことにより、難しい技術/知識をアタマに定着させることが重要!

新しいCCNP試験の認定条件は上記となり、「コア試験」以外は自分の好きな「コンセントレーション試験」を選択することができます。(一般的にはルーティング&スイッチングの「300-410 : ENARSI」を選択される方が多いのではないでしょうか) また、「350-401 : ENCOR」はCCNP/CCIE認定も兼ねる試験のため、旧CCNP試験と比較すると難易度は格段に高くなっているので、全体の勉強期間は最低でも3ヶ月以上は確保したいです。

本当にイケてるNWエンジニア(CCNP保持者)の定義とは?

ITベンダー試験あるある」となりますが、実はIT企業の雇用側(採用担当)の立場から申しますと「問題集と呼ばれるチート対策のみで資格を量産する方が結構いる」ため、短期間で資格を沢山取得されている方の知識レベルは高くないと思われています。そのような背景もあって、イケてるCCNP保持者の希少価値が非常に高くなります。(CCNP範囲の知識/技術力をすべて習得しているエンジニアはCCIE保持者と同等の価値があります!)

では「イケてるCCNP保持者」とはどのようなエンジニアなのでしょうか?答えは「問題集を使わずに知識/技術力だけで試験に合格している勤勉者=実機が触れるレベル」です。CCNP試験にでてくる技術キーワードはどれも実践で即対応できる高度な内容となりますが、いちばん重要な点はハンズオンベースの技術力がCCNP取得時に身についているか?になります。正直なところ、面接時のレジェメにCCNP保持と記載があっても面接官の技術質問にスラスラと答えることができないレベルは【量産型ザク】と烙印を押されてしまいます。

そのため、CCNP試験は書籍ベースの勉強では知識の定着が難しいため、ハンズオンタイプの学習を掛け合わせながら深い知識を習得することがとても重要となります。(実機ベースの有償トレーニングに参加できればよいのですが、金額的に難しい場合はUdemyなどの動画コンテンツがおすすめです!)

1UPなエンジニアとして転職/高年収を獲得する必勝法(Tobe)

イケてるCCNP保持者」になれたあなたが次に狙う戦略は、どの規模の会社で経験値を積むか/高年収を狙うか?が重要です。NWエンジニアに特化してキャリアパスを広げるのであれば、中堅以上のSIerで経験値を積むことがオススメとなります。その理由は「規模の大きな案件に携わることができる、PM業務など工程管理が勉強できる、NW知識をベースにさらなる技術領域へのパスが広がる」など個人スキルアップ以上に大きな経験値の獲得が期待できます。

逆に高年収を狙いたい方は早めにTOEIC 800点クラスに到達して、外資系企業を狙う方も多いです。ただ、外資系企業での注意点はJD(Job Description)という考え方があり、日本のSIerと比べると仕事の幅が限定的(専門性に特化)となりがちです。そのため、広く多くのことをやりたい方は日系企業で経験を積んでから外資系にチャレンジが良いと感じます。

本日のおすすめ書籍

まとめ

今回は、「年収500万を超えたいなら”CCNPはインフラエンジニア/MUSTな資格”というお話」をご紹介させていただきました。この資格は本当に人気な試験であり、知識を深く習得することにより「イケてる希少価値の高いエンジニアになることができる」と考えています。ただ、ITベンダー試験にはチート問題集で楽に資格を量産する方々も多いため、そのような目的では転職や年収アップという点ではまったく役に立たない資格となってしまいます。イケてるエンジニアへの近道はハンズオン型学習をいまから始めることが大切です。日本語のコンテンツがまだ少ない関係で問題集に走ってしまいがちですが、それは封印して、ぜひイケてるエンジニアを目指していただけたらと思います。あらためて、「CCNPの価値/イケてるエンジニアの流儀」についてご理解が深まりましたら幸いでございます。

本日のおさらい

CCNP試験はプログラム改定で難易度がぐっと上がった試験となった
認定されるには「コアとコンセントレーション」の2つに合格が必要
イケてるCCNP保持者は実機が触れるレベル(ハンズオン型学習が重要)

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。

資格
スポンサーリンク
♡(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)***シェアをお願い致します***(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)♡