スポンサーリンク

TOEIC 800/ペラペラ日記【Speaking – 外国人と1on1 レッスンを開始する前に気を付けたい事 #その3】

英語
カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

英語を学習する目的は人それぞれ、英語をマスターする条件もバラバラです。本ブログでは、楽しく英語を継続学習する方法をつぶやいていきます!

英会話レッスンは「1on1 or 集団 or 対面 or リモート」どれがおすすめ?

私が英語話せるようになった方法!*ほぼ家で独りでできる勉強法 How I learnt English
1番オススメする英語スピーキング勉強方法|30Daysチャレンジ結果発表

初めての英会話レッスンはとても緊張しますよね?自分のレベルに応じて色々な選択肢がありますが、私のおすすめは「カフェで1on1 英会話レッスン 40〜60分」になります。(その理由は以下の通りです)

  • 英会話スクールよりコスパが高い(1レッスン : 3000円程度/1Hour)
  • 外国人の先生が毎回同じ人に固定しやすい
  • 集団では話す時間が短く、効果的な英語学習にならない
  • リモートでは先生と英語が通じない場合、コミュニケーションが取りづらい
  • 1on1なのでレッスンが終了するまで逃げられない(本当の英語力や忍耐がつく)

まずはコストです。大手スクールは初期費用が高く、途中解約も面倒であり、先生も毎回同じ人が担当するとは限りません。また、グループ形式は英会話する時間が短く効果的な学習にならないと感じる方が多いです。次にリモートでは、ジェスチャーや白板などを使っての学習補足が難しく英会話初心者には少々ハードルが高いと感じます。(そのような理由もあり1on1でゆっくり先生とお話ができるCafeスタイルが一番のオススメになります)

おすすめ英会話レッスンのご紹介(3選)

大手スクールと比較すると知名度は低いかもしれませんが、一番重要なポイントは素晴らしい外国人の先生と巡り会えるか?また、あなたの英語力・学習意欲が高まるかにフォーカスを当てるべきです。(今回はちょっと変化球なサイトを3つご紹介させていたたきます)

Enjoy-Lesson(Cafeスタイル)

難易度のレベル(★2) : おすすめ度(★4)
初期費用で外国人の先生をご紹介して頂き、誰とレッスンするかを決めます。
先生との交渉は自分自身となるので、料金・時間・場所の交渉が自由に可能。
先生のチェンジも自由にできるので、自分にとって一番の先生を選択可能。

Hello-Sensei(Cafeスタイル)

難易度のレベル(★2) : おすすめ度(★4)
基本的な考え方はEnjoy-Lessonと同じスタイル。
とてもコスパが高いと評判のサービスになります。
先生の登録者数が他社と比較すると多いサービスになります。

CAMBLY(オンライン)

難易度のレベル(★2) : おすすめ度(★4)
オンライン英会話 No1で私もよく利用しているおすすめのサービスです。
自分の好きな先生を見つけて、いつでもどこでも好きなタイミングでレッスン可能。
特に”レッスンの自動録画機能”が便利で、自分の英語を復習(録画視聴)することが可能。

外国人の先生と英語レッスンを長続きさせるワンポイント

私が外国人の先生と「Cafe 1on1レッスン」を約4年間 実践してきた感想として、「こんなポイントに注意すると外国人の先生と長く良い関係を継続することができます」について皆様と共有させて頂きます。

  • レッスンの目的(自分の希望や条件)は率直に伝えましょう
  • レッスンの料金設定は初めに明確に決めてしまいましょう
  • スケジュール調整や待合わせなどは真摯な対応を取りましょう
  • 先生との相性は必ずあります、合わない場合はチェンジを申し伝えましょう
  • 疑問に思った、感じた事はストレートに伝えましょう

日本人特有の遠慮や空気を読む文化は外国人の先生には通用されないことがございます。それは「お互いの文化や考え方の違い」と割り切り、全てを受け入れる方が良い関係が築けます。また、外国人の先生も英語を教えるプロ(教師)の方もいれば、そうではない方が混じっている場合があり、「どうしても先生と相性が合わない、レッスン方針に疑問を感じる」場合は素直にチェンジを申し伝えたほうがお互いに取って良い結果となることが多いと感じます。

本日のおすすめ書籍

まとめ

今回は「外国人の先生と1on1 レッスンを始める前に気をつけたい事 – その3」についてご紹介させて頂きました。今回の記事で1on1レッスン編は最終回となります。英会話ができるようになると英語学習はすごく楽しくなります。また、特に勉強していないのにTOEICのスコアもアップするといいます。(ぜひ本記事を実践していただいた皆様からのフィードバックを楽しみにしています) 今後も本記事を通じて、皆さんへ何かヒントとなる情報のアップデートを頑張っていこうと思います。(次回の記事もご期待下さい)

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。

英語
スポンサーリンク
♡(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)***シェアをお願い致します***(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)♡