スポンサーリンク

IT業界に向いている・向いていない人【あるある5選】

就職/転職
ご質問
ご質問

IT業界に就職したいと考えているのですが、そもそも私がこの業界に向いているのか?(適正があるのか) 不安です。就活を始める前に、どのような方がIT業界で”適正あり/なし”なのかについて?ぜひ教えて下さい。

カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

これもよくご相談される内容になります。IT業界のイメージは「とにかく忙しい」、「勉強が大変」、「メンタルが強くないとダメ」などのハードワークを連想される方が多く、また、一部で不安を煽っているケースもございます。今回はそんな皆様からの疑問を紐解きながら、「一般的にこんな方が多いよ」とか「こんな方が活躍しているよ」を簡単にご紹介できればと思います。

本日の結論

向いている人の特徴は「努力家、楽観的、協調性、柔軟性、体力」がある方です。
・上記5つの特性がある方は、IT業界で大活躍する高いポテンシャルを秘めています
・すべて当てはまらない方は、IT業界に行くべきか?を再考してもいいかもしれません
・偏差値の高い、低いはあまり関係なく、人間性/強調性など、個性も重要視される業界

IT業界に向いている or 向いていない【簡易診断】

【SE適正チェック!】システムエンジニアに向いてる人・向いてない人の特徴を解説
ITエンジニアに向いている人の特徴とは?現役エンジニアが徹底解説!

以下の質問に対して直感で YES/NO をお答えください。

  • 何かを作ったり、創造することに興味がある
  • 新しいことに興味があり、その情報は常に知りたいと思う
  • やったことが無い事も、とりあえずやってみようと思う
  • 何かミスをしてもあまり悲観的にならず、再度チャレンジできる
  • 実は根気や体力には自信あり

上記質問に対して、YESが3つ以上当てはまる方は 【IT業界に向いている】人です。
逆に当てはまらなかった方でもこの質問に対して、ストレスを感じなく仕事ができる方はIT業界には向いているが、将来的にはステップアップして、別の業界も狙うポテンシャルがある方かもしれません。

こちらの診断でお伝えしたかった事は、5つとも全く当てはまらない方は、残念ながら、別の業界をご検討して頂いたほうが良いかもしれない予備軍となります。(IT関連の参考書などを1冊読んでいただき、本当にIT業界へ進むべきか?もう一度、再考していただく時間をとってもよいかと思います)


IT業界は常に新しい変化が発生する場所であり、継続して挑戦する意欲が求められます。また、その変化に対応できず、入社3年以内に業界を去ってしまう方も多く存在しています。本ブログを通じて、IT業界へ就活を始める前の準備に貢献ができましたら、幸いでございます。

本日のおすすめ書籍

まとめ

今回は、IT業界で働く前の簡易診断テストを考えてみました。本件に関しては、いろいろな価値観もあるため、上記テストだけではすべてを網羅することはできませんが、IT業界には真面目(モチベが高く)で、常に努力(知識の補充)を行い、高い生産性(結果)を実現している方が多く、大変魅力的な市場であると感じています。本件を通じてIT業界で働く方々の魅力について、伝わっていただけたら幸いです。

本日のおさらい

IT業界は意外と真面目/努力家が多く、また皆さん体力・気力も十分にあります。
最新テクノロジーを常に追っていく業界になるため、変化や柔軟性も求められます。
地頭力のよさは大きな武器ですが、偏差値の高さよりセンスが問われる業界です。

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。

就職/転職
スポンサーリンク
♡(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)***シェアをお願い致します***(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)♡