スポンサーリンク

フリーランスは本当に稼げるのか?【最新のお金事情を徹底解説】

就職/転職
カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

IT業界で経験を積んで将来は「フリーランスで収入を爆上げしたい」という夢を持っている方が増えています。正直なところ、フリーランスは会社員と比較すると自己責任の範囲が広くリスクも大きいです。ただ、「フリーランスで活躍できれば年収1,000万は簡単」と説くインフルエンサーも多い状況なのですが、実際のところはどうなのでしょう?今回はそんな「フリーランスに関するお金事情やメリデメ」についてご紹介致します。

本日の結論

フリーランスの年収1,000万は会社員(年収500万)の手取りと大差がない???
・フリーランスで活躍するには技術+営業+経理などのスキルが必要!
労働力=時間の切売りを提供するため、高単価な案件を獲得しないと生活できない
・フリーランスだけが全てではない。会社員+副業という選択肢も考えてみて!

フリーランスの魅力

【根拠あり】フリーランスエンジニアは年収862万円取れて当たり前
フリーランスエンジニアとは?魅力や働き方・なるための方法

IT業界である程度の実績を残したエンジニアは将来フリーランスに転向して「年収1,000万は楽に獲得できる!」と説くインフルエンサーがとても多いのですが、これは真実なのでしょうか? 会社員と比較するとフリーランスはリスクを不安視する方が多いため、改めてメリデメについて考えてみましょう。

❏メリット
 ・スキル/案件に応じて収入アップが期待できる
 ・時間/場所の成約がなく自由に仕事ができる
 ・好きに仕事を選ぶことができる

デメリット
 ・仕事や収入が安定しない(営業スキル、人脈が必要)
 ・社会保障が弱い(健康保険や国民年金)
 ・社会的信用が低い(クレジットカード、引っ越し、ローン)

いかがでしたしょうか? 「メリットに関しては皆さんのイメージ通り」かと思いますが、「デメリットに関しては結構深刻な内容」ですね。フリーランスを推進しているインフルエンサーの多くはこのメリットを誇張広告していて、あまりデメリットに深く言及している方は少ない印象です。では続いて実際にフリーランスは稼いでいるのか?についても考えていきましょう。

フリーランスは本当に稼げるのか?

【手取り比較】フリーランス年収1000万円=会社員年収〇〇万円?!【リアルな手取りと生活水準徹底解説】
【有料級】独立のための完璧な「家計ノウハウ」を解説【会社辞めたい人必見】【稼ぐ 実践編】:(アニメ動画)第73回

さて、仮にフリーランスで年収1,000万を稼ぐことができたとして、会社員と比較した場合にどれほど稼ぐことができているのか? 年収ベースで計算してみます。ここで一番重要なのは、最終的に手元にいくら残るのか? になります。(“マネーベアーのマネー部屋”から引用)

フリーランス(年収1,000万) : 控除して手元に残る金額(400万円)
会社員(年収500万) : 控除して手元に残る金額(約360万円)

あれれ!フリーランスの場合、控除額が多く会社員(年収500万)と手元に残るお金はそんなに変わらないですね? 実はフリーランスの年収1,000万はリスクを取っている割に会社員よりズバ抜けて多くは稼げていません!

レバテックフリーランス = 平均年収862万円」の数値を分析すると、フリーランスへ転身しても年収500万前後の会社員と手元に残る額はそれほど大差はなく、逆にリスクを取っている割に大きく稼げていないのが今の現状なのかな?と考えます。まとめますと、フリーランスをやりたい方はそのメリット(時間、自由な仕事を選ぶ)、デメリット(社会保障が低い、収入が安定しない)をよく理解した上で判断が必要ですね。

稼ぐエンジニアの最新事情(+副業)

月単価100万以上を継続する「勝ち組フリーランス」の稼ぎ方を分析する限り、”個人の実力“、”世の中のニーズ“、”クライアントとの信頼関係“の3つを兼ね備えておく必要があると考えます。また、時間を労働力で切り売りする働き方は、そもそも大きく稼ぐことは難しく、状況に応じてリスクも高くなります。そのため、次世代のフリーランス予備軍の皆様へのご提案は、案件単価100万を狙える土壌(スキル、人脈、営業力)は会社員+副業で実績を積み、将来的に独立(フリーランス)で勝負する戦略をオススメしたいです。(フリーランスで勝ち組になりたい方は月単価100万円以上の案件を遂行できるスキルセットが重要=本日のキーワードになります)

本日の格言:「フリーランスはスキル・人脈・営業力が重要(なし=負け組確定)」

本日のおすすめ書籍

まとめ

今回は「フリーランスは本当に稼げるのか/最新のお金(年収)事情を徹底解説」というテーマで「フリーランスのお金事情」について解説させていただきました。一部のインフルエンサーの影響でIT業界で経験を積めば簡単にフリーランスになれると考える方が増えていますが、メリデメを考えると「会社員」or 「フリーランス」は向き不向きがあります。大きく稼ぐためには高単価な案件を継続して獲得する必要があり、本業以外にも営業スキルや人脈形成なども重要なのがフリーランスの特徴かと存じます。今回の記事を通じて、そんな「フリーランスの現状や将来性」についてご理解が深まりましたら幸いです。

本日のおさらい

フリーランスの年収1,000万は控除額を考えると手元に残る額は意外と少ない
フリーランスは本業以外に営業や経理も自分自身で対応しないといけない
高単価な案件を獲得できないのなら、会社員+副業の方が高年収を狙いやすい

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。

就職/転職
スポンサーリンク
♡(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)***シェアをお願い致します***(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)♡