スポンサーリンク

エンジニア転職は当たり前/キャリアビルダー戦略で最高年収を獲得しよう!

就職/転職
カモフラ<br>(管理人)
カモフラ
(管理人)

IT業界では短期間で転職を繰り返す、「ジョブホッパー/キャリアビルダー」と呼ばれる方が増えています。一昔前は短期間で転職を繰り返す人は適応能力不足と認定され、企業からはマイナス評価されてきましたが、現在は転職を繰り返し「スキルアップ・年収アップ」を実現するキャリアビルダーと呼ばれる人材に注目が集まっています。今回はそんな「ジョブホッパー/キャリアビルダーの転職事情」の最新トレンドについてご紹介致します。

本日の結論

キャリアビルダーとは計画的に転職(年収アップ)を繰り返す成功者
・キャリアに一貫性のない「ジョブホッパー型」転職は避けるべき行為
・キャリアが明快で筋が通っている「キャリアビルダー型」転職が理想
・年収爆上げのコツは転職で「変化できる、希少性が高い」の2点が重要

ジョブホッパー/キャリアビルダーとは?

転職回数が多い人を採用するべきではない? #Shorts
【転職】ジョブホッパー最高!

これまでは「転職回数が多い=悪いこと」と企業側は見ていたが、最近のトレンドでは、転職で高い年収を繰り返し得ている方がいます。改めて転職回数が多くても「成功する人・しない人」の違いとはどのようなタイプになるのでしょうか?「ジョブホッパー/キャリアビルダー」という定義で説明されることが多いので、まずはこの2種類の違いについて解説していきます。

キャリアビルダー:(成功している人)
 ・転職理由が明確でキャリアに一貫性がある
 ・転職のたびに給料やポジションが上がる
 ・転職しても変化ができる、希少性が高い

ジョブホッパー:(失敗している人)
 ・キャリアプランに一貫性がない
 ・転職するたびにスキルアップできていない
 ・凡人スキル、希少性が低い

つまり「ジョブホッパー」は旧来からの企業側として採用したくない人材、「キャリアビルダー」は次世代の稼ぐ転職であり、転職回数を重ねるごとにリッチなビジネスパーソンへ進化する究極系の戦略となります。

本日の格言1:「転職回数が多い成功例はキャリアビルダー」

転職を繰り返すことで本当に年収アップするのか?

キャリアビルダーの転職であれば、チャンス爆ありです。(成功パターンは以下の通り)
 ・今後大きくなる市場や平均年収が高い企業へ転職する
 ・自身の経歴にストーリー(一貫性)があること
 ・変化に順応できる(あらゆる場面に対応できる)
 ・転職しても継続してよい人間関係を維持できる
 ・何か1つ専門家レベルの専門性をもっている

あなたの周りで活躍しているビジネスパーソンは必ず上記スキルの何かを持ち合わせているのではないでしょうか?最近ではキャリアビルダーとして転職を繰り返し、30代前半で年収1,000万以上を稼いでいるエンジニアも珍しくない世の中となりました。そのため、魅力的なキャリアパスを持っている方は転職市場では常に高単価でリッチな評価であり、高需要なサイクルを作っています。(希少性が高いとされます)

本日の格言2:「経歴にストーリー性がある方は最強/年収爆上げの予感」

狙うはやっぱり外資系企業一択なのか?(トレンド分析も重要です)

最初から外資系企業に絞って転職する必要はないが、「平均年収、専門性が高い」を積極的に狙っていくのであれば外せない選択肢です。特に外資系は「転職回数の多さは問われない、実績/実力重視」の傾向となるため、キャリアビルダーの転職とはとても相性が良いと考えます。

ただ、本当に重要なのは「業界トレンドを追いかけながら儲かっている企業を渡り歩く」ことです。現代ですと「クラウド、AI、DX、AR/VR」など魅力的なキーワードがたくさんありますが、その業界のリーディングカンパニーや今後伸びる企業を見分ける目利きと嗅覚を常に研ぎ澄ませる必要がございます。トレンドはタイミングも重要であり、キャリアビルダーに最も求められるスキルの1つなのではないでしょうか。

エンジニアが高い年収に惹かれても20代では外資系企業に必ずしも入社する必要がない、と断言する理由
【90%以上がコレ】LinkedInで外資転職を決めろ【外資営業転職】

本日の格言3:「狙うは業界トレンドと儲かっている会社に入る事」

本日のおすすめ書籍

まとめ

今回は「エンジニア転職は当たり前/キャリアビルダー戦略で最高年収を獲得しよう!」というテーマで「転職回数が多くてもスキルアップや年収爆上げが可能な理由」について解説させていただきました。転職回数が多い(在職期間が短い)=悪い事と思われがちですが、自らのキャリアを見据え、さらなる高みを目指して転職を繰り返す、キャリアビルダーは日頃から「業界の動向やトレンドのキャッチアップ」が上手であり、自分のやりたいことの軸を遂行しています。今回の記事を通じて、「スキルアップ・年収爆上げするにはキャリアビルダー戦略で転職」についてご理解が深まりましたら幸いです。

本日のおさらい

転職回数が多くてもキャリアビルダー型は年収・スキルの爆上げが可能
自らのキャリアを見据え、さらなる高みを目指す行動力が重要
転職しても「変化ができる、希少性が高い方」は勝ち組の王道

皆様からのご質問について

本サイトでは皆様からご質問を受け付けております。ご質問には必ずご回答させていただきますので、まずは本ブログサイトの”お問い合わせ“より、ご連絡をお願い致します。

就職/転職
スポンサーリンク
♡(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)***シェアをお願い致します***(ˊo̴̶̷̤ ᴗ o̴̶̷̤ˋ)♡